ハローワークや医師専門の転職支援サイトでは、医師の募集が相当数掲載されており「一体どの求人を選べばいいのか」と迷ってしまいます。
医師が活躍できる場は病院やクリニックだけではなく、介護施設や一般企業、公官庁、訪問診察など医療ケアサービスを必要とする介護施設、企業にも広がっており求人のバリエーションもかなり豊富。

医師が活躍できるジャンルの中には「製薬会社」も含まれていて、メディカルドクター(MD)として新薬開発に日々尽力している先生もいらっしゃいます。
MDとは製薬会社で新薬開発に携わるスペシャリスト。

新たに薬を開発する事により、より多くの患者を救える(社会に貢献できる)という観点から、MDへの転職を希望するケースもあります。

メディカルドクターの役割

MDは、製薬会社において新薬の開発・安全情報管理・学術などに携わる医師を指します。
その役割は幅広く、新製品のマーケティング調査から始まり、プロトコル作成、各医療機関での治験実施、治験データの収集と解析、分析、厚生労働省側との折衝、安全性・有効性チェックなど、新薬開発に関わる業務全般に関わります。

これら新薬開発業務のうち、治験コーディネーターや臨床開発モニターは看護師や薬剤師が多く担当していますが、プロトコル作成や研究結果の論文作成などは医師が行う事と省令により決められています。 責任の重い仕事ですが、遣り甲斐や社会に及ぼす影響力を考えればかなり意義のある仕事です。

メディカルドクターの将来性

医師が活躍する場所と言えば病院やクリニックと連想されがちで、製薬会社で新薬開発・発売に関わる医師がいる事は広く認識されていません。
けれど新薬開発の現場に医師の存在は不可欠です。

いまだに根本治療不可能な病気は世の中に多数あり、一刻も早い新薬開発が切望されている現状もあります。
日本でMDとして働く医師は約300名と全体から見れば少数派ですが、医療の進歩にともない今後ますます注目される職種です。

※現在開発中の新薬情報参考サイト⇒http://www.jpma.or.jp/medicine/shinyaku/development/

メディカルドクター求人はどこで探す?

以下のような条件に合う医師は、MDとして活躍できる可能性が高いと言えます。

・TOEICスコア700~800が叩き出せる
・臨床医としての経験が5年以上ある(臨床経験がなくても良いケースもあります)
・コミュニケーションスキルが高い
・PCの操作に慣れている

これら条件に合い、新薬開発や製薬会社での勤務に興味のある医師は、こちらの医師専門の転職支援サイトでMD求人情報を教えてもらうのが近道。
MDの求人情報はハローワークや求人雑誌にはほとんど掲載されていないため、医師の転職に精通した転職支援サイトの担当者に問い合わせるのが確実な方法です。