製薬会社で新薬開発・治験実施・自社製品の(危機)管理・医局(医師)への新薬売り込みなど、様々な役割を担うメディカルドクターですが、MDとして仕事をするメリットとデメリットとは一体何でしょうか?

MDになるメリットとデメリットをまとめていますので、これから製薬会社で働きたい方は参考にしてください。

メディカルドクターはメリットの多い仕事

MDは臨床現場の医師とは違い、製薬会社に勤務する企業の社員となります。
新薬開発という責任の重さからパートや非常勤などの勤務形態はほとんどなく、正社員としてきちんと雇われるメリットがあります。

企業の社員なので土日や祝日はお休みですし、GWやお正月もきちんと休暇が取ることが可能。
連休中に家族で旅行に出掛けようと思っても、交代勤務や夜勤、宿直のある病院勤務の医師では思うようにいきません。
その点、土日祝日がしっかり休めるMDはプライベートの時間を大事に出来ます。

仕事の内容も新薬開発に直接携わったり、新薬の管理や売り込みなど医療の世界に大きな役割を果たす事ができます。
「社会貢献が出来ている」という満足感や充実感が得られるのもMDの魅力の一つでしょう。

また、MDとして仕事をするためには多くのスタッフと連携していかなければならないため、コミュニケーションスキルが磨かれます。

さらに相手の気持ちに立った仕事の依頼や全般的なスケジュールの調整、部下の管理など管理職としてのキャリアを積み上げられる事もメリットと言えるでしょう。

メディカルドクターのデメリット

MDとして仕事を始めると、臨床の現場に戻りにくくなるのがデメリットです。
一度臨床現場を離れるとなかなか現場の感覚に戻りにくいと言う事もあり、一度MDとして仕事を始めると病院やクリニックで再就職しにくくなるケースも実際にあります。

MDとして製薬会社に勤務している間は、当然ですが手術や診察など臨床医としてのキャリアやスキルを磨く事はできません。
MDになると決めた時点で、臨床現場の医師としてのキャリアアップは一旦諦めた方が良いでしょう。

またMDの求人枠は非常に少なく、医師であれば誰でもMDになれるわけではありません。
人気の高い製薬会社の場合、求人枠はあっという間に埋まり、競争倍率もかなり高くなります。
MDに転職したいのであれば、まずは求人情報を探す事から始めなければなりません。

数少ないMDの採用情報は、医師専門の転職支援サイトで探すのが一番効率的で確実です。
本気でMDを目指す方は、医師転職支援サイトをご利用ください。

画像出典元:https://www.dr-10.com/