メディカルドクターを目指すのであれば、自力での転職活動には限界があります。
その理由はMDの求人が非常に少ないため。
ハローワークや新聞の求人欄をチェックしてみてください。
メディカルドクター(MD)の求人募集が掲載されているでしょうか?基本的に見つからない状況となっています。

現在、日本国内で活躍するMDは約300名。
活躍できる製薬会社にも限りがありますし、MDの求人枠自体も少なくなっています。
まさに「選ばれた医師」の仕事です。
求人枠の非常に少ないMDですが、求人情報を確実に得たいのであれば医師専門の求人情報サイトを利用しましょう。
MD求人は非公開求人扱いなので、まずは会員登録して求人情報を提供してもらう事から始めます。

メディカルドクターの求人情報は転職支援サイトへ

「製薬会社で働きたいのに、どうしてもMD求人が見つからない。
どうやって探すべきか?」 そんなお悩みをお持ちの医師の皆さん、ハローワークや新聞の求人欄にはMDの求人はなかなか掲載されていません。
なぜなら求人数そのものがとても少ないからです。

そこで活用したいのが医師専門の転職支援サイト。
医師の転職に特化した支援サイトです。
このサービスに登録すると専任の担当者がつき、MDの求人だけを選んで紹介してくれます。
気に入った求人があれば担当者に連絡するだけ。

また希望に合うMDの求人がないときは、担当者が製薬会社に打診して転職希望者である医師を売り込みます。
製薬会社側からOKが出れば書類審査、面接へと進みます。

担当者は面接日の日程調整や面接会場の確認、さらに面接対策や履歴書、職務経歴書の書き方なども丁寧に指導します。
MDを希望する場合、英文で作成した職務経歴書なども必要です。
書き慣れない応募書類に悪戦苦闘するよりも、担当者の指導を受けてサクッと必要書類を作成する方が時間の節約にもなりおすすめです。

MDに転職しやすいおすすめサイトは?

本気でMDを目指すなら、やはり求人数の多い医師転職支援サイトを選ぶべきです。
転職支援サイトの中には、特定のエリアのみ(関東のみ、関西のみなど)特化したサービスもありますが、こうなるとそれ以外のエリアの医師は利用しにくくなります。

できるだけ全国規模で求人情報が集まるサイトを使い、希望に合った求人情報を提供してもらうのが成功への鍵。
求人数の多い複数の大手医師転職サイトに登録して利用するのがコツです。